2014年12月07日

火災避難用水タオル「いまばりレスキュータオル」を身近に常備して迅速な避難を

火災避難用水タオル「いまばりレスキュータオル」口コミ評判で氣になります。

この時期どうしても増える火事!
火事で亡くなる方の多くは気道熱傷によるものだそうです。
それを防ぐために、水で濡らしたタオルを口に当てて避難するように言われています。
そうは言ってもイザとなるとパニック状態になりますし、タオルが身近なところにあるとも限りません。まして水でぬらす余裕も無かったりしますね。

そんなときに、この水タオルいまばりレスキュータオル」があればスムーズに非難が出来ます。
アルミパウチに筒状タオルと精製水を入れて密対し、レトルト滅菌をすることで3年の品質保持ができます。
熱シールで密封後、調理殺菌装置にて120度で12分加圧加熱殺菌処理を行っているので製造月より3年間の耐用年数をメーカー保証しています。
袋状になっていて中に手を入れて、落としにくくなっているそうです。
また、アルミパウチに10カ所の切れ目があり、どこからでも切れるので急いで開封することが出来るのです。現場でパニックになっていても簡単に開けることが出来るのです。
まさにグッドデザイン

学校や公共施設はもちろん家庭でも身近なところに常備しておきたいですね。バッグに入れて持ち歩くのもいいかも。



posted by 氣になる at 00:49| 防犯 防災用品など | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。