2015年06月03日

ビタポール 飲むにがうりは糖分が気になる方に口コミで評判の身体スッキリ、健康一番のにがうり茶

ビタポール 飲むにがうりにがうり茶)が口コミ評判で氣になります。

昔から健康野菜として知られるにがうり、ゴーヤ
ゴーヤの苦みはモモルデシンという成分だそうです。近年の研究では健康に役立つことが期待されています。
ビタミンCがトマトの約5倍、ポリフェノール、食物繊維も豊富に含まれています。
さらに、種には共役リノレン酸が含まれており、脂っこい食事の多い人にはおすすめです。

にがうり(ゴーヤ)の苦さって私にとっては苦手で、料理として食べるにはかなりキツイのですが、お茶にしたなら苦みも感じず飲むことが出来ます。
以前ゴーヤ茶を飲んだ時も香ばしく美味しいと思いました。
沖縄や九州の方にはなじみのある野菜のようですし、最近では夏のグリーンカーテンなどに利用されている方も多いようです。
実は私も3年ほど前に栽培してみたのですが、簡単で作りやすい野菜でした。が、ほとんど食べずに黄色く熟させてしまいました。
ゴーヤの栄養価など考えたらもったいない話かもしれませんね。

さて、ビタポールの「飲むにがうり」なのですが、宮崎県と宮崎JAが共同開発し、種もワタも皮もまるごと粉末顆粒にしています。
苦みを気にせず美味しく飲めると人気なのだそうです。
持ち運びに便利なシティックタイプだからいつでも飲めますね。
糖分が気になる人は1日1杯続けると実感できそうなのだそう。





posted by 氣になる at 03:31| 話題の健康食品・サプリメント | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。