2017年11月02日

ソニー ロボット事業再参入で犬型ロボットaibo(アイボ)が帰ってきた!と口コミで評判

ソニーの「aibo」(アイボ)が口コミで評判で氣になります。

毎日新聞の記事で見つけたのですが、犬型のロボット「aibo」(アイボ)が来年1月に発売されるそうです。

 「1999年に発売し、経営不振から2006年に生産停止になったアイボの後継機で、人工知能(AI)を搭載し、飼い主とのコミュニケーションを通じて個性的に成長していくそうです。
開発したAIロボティクスビジネスグループ長の川西執行役員は『消費者向けロボット事業をアイボから再スタートしたい』とのこと。
AIを搭載しているため環境により個性が変わり、飼ううちに周囲の環境を認識して行動範囲を広げていく。飼い主にすり寄ったり、首を傾げたりし、本物の犬に近づけた
川西氏は『かわいらしさを追求した。家庭用で遊べる娯楽ロボットとしてかわいがってほしい」とPRした。
 先代のアイボが06年に生産停止になり、ソニーはロボット事業から撤退したが、昨年当時の技術者を集めて再参入した。
ソニーがロボット事業から撤退していた間、米IT企業がAI商品を相次いで発売。川西氏は『AI技術はこの間、飛躍的に進化した。再びアイボから始め、面白い商品を生み出していきたい。』と語った。
システムなどアイボはほぼすべてソニーで作っており、『オリジナリティーある製品を作るためには自社で一から作ることが必要。ソニーはメカニックの会社でその技術があり、そこは米IT企業とは異なる』と強みをアピールした。」

あのアイボがまた帰ってくるんですね〜。
なんかうれしくなってしまいます。独り暮らしの私、昨年には19年近く一緒に暮らした愛犬を亡くしました。でも将来の事、留守にする時の事を考えると新しくペットを飼うことは躊躇します。
アイボなら・・・

昨日から予約開始されていますね。18年1月11日に発売になります。価格は税抜き19万8000円。
欲しいなあ・・・
posted by 氣になる at 14:22| 家電・AV・工具・ホーム用品 | 更新情報をチェックする