2016年01月13日

毎日通販 豊前海の一粒牡蠣は大粒の身と濃厚な旨みが口コミで評判

毎日通販 豊前海(ぶぜんかい)一粒牡蠣口コミ評判で氣になります。

一粒牡蠣は、一粒一粒、表面の汚れを丁寧に落として殻付きのまま出荷されることから名づけられたそうです。
殻の中にはプリップリの大粒の身がギッシリ詰まっており、口に入れた瞬間に磯の香りと濃厚な牡蠣の旨みが広がります。

牡蠣といえば、広島、宮城など牡蠣の有名な産地が多くあります。
この一粒牡蠣は九州・福岡の北東に位置する豊前海(恒見)で養殖されています。
豊前海の沿岸は遠浅で干潮差が大きいため、広大な干潟が発達しており、牡蠣の餌である植物プランクトンが豊富なのだそうです。
波が穏やかなので、牡蠣がプランクトンを食べる時間が長いので身が大きく育つのだそうです。

この時期、牡蠣は美味しいですね。
昨年は知り合いのお家の牡蠣パーティーに参加しました。
毎年広島のカキがたくさん送られてくるそうで、その日も10人ほど集まっていましたが、もう牡蠣三昧!!
焼いて食べたのですが、醤油やポン酢やレモンや・・生クリームやチーズやいろいろ載せて・・とにかくたくさん食べて大満足でした。
牡蠣の殻は家に持って帰り、外置きの植木鉢に並んでいます。乾燥・雑草除けになっています。食べたあとでも活躍!!

広島のカキは有名で、関西に住んでいると馴染みがありますが、九州産の「豊前海の一粒牡蠣」もと〜っても美味しそうで、お取り寄せしてみたいです。


posted by 氣になる at 09:50| 気になる食品・お菓子 | 更新情報をチェックする